カミソリや毛抜きは色素沈着、ブツブツ、埋没毛の原因

カミソリや毛抜きは色素沈着、ブツブツ、埋没毛の原因

カミソリや毛抜きは色素沈着、ブツブツ、埋没毛の原因

カミソリや毛抜きでの自己処理は費用が安く手軽ですよね。

 

しかし、肌への負担が大きいので間違った脱毛をしていると色素沈着、ブツブツ、埋没毛などができてしまいます。こんなやり方には気をつけましょう。

 

乾いたままシェービングする

 

肌が乾いた状態のままシェービングをすると、剃りにくいだけでなく肌を傷つけてしまいます。

 

シェービングは肌を保護する角質層もはがしてしまいます。角質層がはがれると肌の力が低下し、紫外線の影響を強く受けてシミができやすくなったり、肌内部の水分が蒸発して乾燥しやすくなります。必ずシェービングローションを塗って肌を保護してから脱毛しましょう。

 

埋没毛を無理にとる

 

毛が皮膚からでることができず皮膚の中に埋まってしまった状態が埋没毛です。

 

プツプツ黒くなって気になると思いますが、無理に剃ってはいけません。無理にすると炎症を起こして色素沈着ができたり、菌が入って化膿する恐れがあります。気になると思いますが、長く伸びてくるまで放置しましょう。

 

古いカミソリを使う

 

いつから使っているのかわからない古いカミソリを使用すると肌に負担をかけます。古いカミソリは切れが悪いので、何度も同じところを往復することになり肌の負担が増えます。

 

また衛生面でも心配です。古いカミソリは雑菌が繁殖している可能性があり、カミソリ負けを起こしたり、雑菌が傷から入って炎症を起こします。

 

生理前後のムダ毛処理

 

生理前後は肌が敏感になっているので、この時期に脱毛を行うと肌荒れを起こしやすいです。肌の状態や体調がすぐれないときは、その時期を避けて脱毛をしてください。

 

肌に合わないジェルやクリームでのお手入れ

 

脱毛後は肌が弱くなっているのでジェルやクリームで保護します。しかし、肌に合わないジェルやクリームを使用すると肌荒れの原因になります。肌が敏感になっているので、普段は何でもなくても合わないものを使用して肌トラブルを起こす可能性があります。低刺激のローションやクリームで保護しましょう。